ラウハラ編み

Hala(ハラ)の葉を採取し、棘を取り、ラウハラでレイ、Kupe‘e(クーペッエ:ブレスレット)、Pale(パレ:マット)を作ります。 日本国内ではハラは、タコノキのことを指します。自生地域は、伊豆諸島、九州、沖縄、南西諸島にあります。 レッスンでは、採取したハラの葉(Lau Hala=ラウハラ)から、Kuka‘aを作り、裂いて、編み方を指導します。 編む方法はたくさんありますので習得は容易ではありません。

Lauhala-4

簡単なパレ(Pale)を作成。イプヘケ用に使用します

Lauhala-1

ロール状のKuka‘aを作成。ラウハラの準備

Lauhala-2

ラウハラブレスレッドのベーシックメソッドを練習

Lauhala-3

Lei Po‘oをラウハラで作成