Oliを学びます。 ハワイ語の意味や背景の説明をして、どのような内容の歌なのか理解を深めます。

クムは言います。ハワイ語の単語を暗記するのではなく、内容を理解しその情景を思いながら練習をしなさいと。

今回のOliはKepakepaのスタイルで唱えます。まるで早口言葉のようなスピードで始めから唱える事が出来ないと分かっているクムは、ゆっくり確実に進めて下さいました。

来週は少しKepakepaらしくなるように、各自練習あるのみですね。

新しく入って来たシスター達の Ipuheke が、だいぶ出来上がって来ました。まだ完成ではないけれど、Basicの時に使います。

paʻiがなかなか上手く出来なかったりテンポが早くなったりするので、ステップがおろそかになります。

音をよく聞いてステップを踏む。クムは繰り返し注意して下さいました。

ʻAuanaも習います。珍しく我がHālauは、この夏イベントに珍しく出る事になりました。

が、イベントの為だけのレッスンは行わないのが我がHālau。

真剣に取り組んでいたハズなのに、何故か爆笑されるクム。で、本日のレッスン終了。